こんにちは!高見です!
第二回アドベンチャーハイクin比治山が開催されました!
多くの方に参加していただき無事終了することができました。
ありがとうございます。
謎解きイベントは初めてという方から
過去にも様々なイベントに参加経験がある方まで
様々な方を交え、楽しんでいただきました。
アドベンチャーハイクの物語についてはコチラをcheck!!

舞台は比治山!
参加者のみなさんには、冒険者の集まる「ギルド」から依頼を受けた、フリーランスの冒険者「フリーランサー」を演じていただきました!
物語は、ギルドマスターから正式にミッションを依頼をされることで始まります。
チーム毎(3人1組)に集まり、ギルドマスターの言葉に耳を傾けます。
20140427_ADHinHijiyama_-1.JPG  20140427_ADHinHijiyama_-2.JPG
依頼内容は、この地に隠された「五行の封印の謎」を解き、秘宝「緋菱霧露」を探し出すこと。
そのためには様々な謎を解き攻略しなければなりません。
20140427_ADHinHijiyama_-3.JPG  20140427_ADHinHijiyama_-4.JPG
20140427_ADHinHijiyama_-5.JPG  20140427_ADHinHijiyama_-6.JPG
依頼内容を真剣にきくプレイヤー
ゲームはすでに始まっています。
彼の言葉の端々に謎を解く手がかりがあるかもしれません。
ゲーム開始と同時にチームごとにバラバラになります。
20140427_ADHinHijiyama_-9.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-10.JPG
20140427_ADHinHijiyama_-7.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-8.JPG
まず謎を解くチーム
まず比治山を走り回るチーム
周りの様子を伺うチーム
様々な個性が出ていて、見ていて緊張感のある時間でした。
冒険が始まると
五行−木火土金水−の封印を解くために、
手元に配られた謎を一つ一つ解いていきます。
せっかくなので、今回はその中から一つだけ紹介!
例えば"土"の封印を示す謎は、下のようなものでした。
20140427_ADHinHijiyama_-21.jpg
この謎と、地図
20140427_ADHinHijiyama_-26.jpg
を照らし合わせて封印の場所を見つけます。
どの場所に土の封印が施されているのか、謎を解くことで明らかになるわけですね。
この謎、当然ですが「くし→しく」が謎を解く鍵となっています。
「くし→しく」が指し示すのは「9×4→4×9」ということで、
9×4に並んだ左の文字を、4×9に並び替えます。
20140427_ADHinHijiyama_-23.jpg
このように解くことで。
「ししたちはうえた。そしてひとはそれをしるした。しらやのわでかくにんせよ。」

という文章が現れ、「白矢の環(しらやのわ)」にいけばいいということがわかります。
「白矢の環」にいくと、このような謎があります。
20140427_ADHinHijiyama_-22.jpg
「キネンニアカ星ヲ」と書いてあるので、
キネンニアカと☆印をつなげてみます。
20140427_ADHinHijiyama_-32.jpg
オリオン座が浮かびあがりました。
しかし、ちょっと待って下さい。
オリオン座は北の星座ではありません。
オリオン座はどうやら正答ではないようです。
ここで、他にヒントがなかったか考えてみます。
すると、「ししたちはうえた。そしてひとはそれをしるした。」という使用していない文言があったことに気が付きます。
白矢の環には、このような掲示板があります。
20140427_ADHinHijiyama_-24.jpg
「ししたちはうえた」とは「ライオンズクラブが植えた」という意味のようです。
ライオンズクラブが植えたもの、そしてそれを記したもの。
つまり、ソメイヨシノが謎の指し示す答えのようです。
記念に植えた「ソメイヨシノ」に赤星を付けます。
20140427_ADHinHijiyama_-25.jpg
浮かび上がるのは北斗七星ということで、土の試練の封印を解除する言霊は「北斗七星」となります。
そして、封印を解除する言霊(答え)をギルドマスターに伝えることで封印は解かれ
20140427_ADHinHijiyama_-30.jpg 20140427_ADHinHijiyama_-31.jpg
このようなカードが手に入ります。
このようなカードが木火土金水の謎のそれぞれにあり、
すべてを揃えると最終試練の謎を手に入れることができるのです。
また、プレイヤー間での作用として、アドベンチャーハイクでは
「カードシステム」
が取り入れられています。
20140427_ADHinHijiyama_-28.jpg 20140427_ADHinHijiyama_-27.jpg 20140427_ADHinHijiyama_-29.jpg
このような全十数種類のカードを使うことで
他のチームからヒントをもらったり、優位にたつことができたりするのです。
これをキッカケに仲良く話していたチームもありました。
20140427_ADHinHijiyama_-12.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-11.JPG 
この黒いマントの男達(スタッフ)は
「放浪の魔導師」と呼ばれる、かつてこの地を巡った魔導師です。
プレイヤーは「記憶の栞」というカードを魔導師にあげることで
魔導師の記憶の一部をもらえ、冒険のヒントにすることができるのです。
20140427_ADHinHijiyama_-13.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-14.JPG 
また、ギルドに行くと受注できる「ギルドクエスト」では
依頼をこなすことで報酬としてカードを手に入れることができます。
このように
・難しい謎
・プレイヤー間でのカードによる交流
・カードによって手に入るヒント
・比治山を巡ることでカードを手に入れるサブイベント
複雑な要素を交えての冒険でしたが、みんな楽しそうに真剣に解いていました。
20140427_ADHinHijiyama_-15.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-16.JPG
20140427_ADHinHijiyama_-17.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-18.JPG
20140427_ADHinHijiyama_-19.JPG 20140427_ADHinHijiyama_-20.JPG
みんな時間いっぱいギリギリまで
走り回り、考え抜き、
興奮していたようです。
見事クリアし、秘宝を回収したチーム!
クリアチームには一歩及ばずとも、秘宝のありかに至ったチーム!
おめでとうございました!
クリアできなかった方も次回こそは!
実際の様子を動画にしてみました!
気になる人は是非とも見よう!
20140427_アドベンチャーハイク
そしてここで宣伝です!
5月のフラワーフェスティバル!
平和公園内を周って謎解きを楽しむ!
アドベンチャーハイクin平和公園!!
(詳しくはコチラ)
なんと参加費は…無料!
内容はアドベンチャーハイクをフラワーフェスティバルでも楽しめるようにアレンジしたものです!
カードによる交流はないですが、謎解きを楽しむ要素を詰め込んだものとなっています。
しかも5月の3日〜5日の10時から17時であれば
いつでも参加可能!
これは参加するしかないですね!
それでは次回をお楽しみに!
自分自身次回が楽しみで仕方ない高見でした!
またね!
-----------
アドベンチャーハイクの動向が気になるあなた!
こちらの Facebookページをcheck!
見ちゃったあなたはイイネ!してね!
-----------
高見優男

Twitterでフォローしよう